Kaishin High School
 
TOP  > クラブ活動  > ボクシング部
ボクシング部
 
 開新高校ボクシング部は,平成8年まで同好会として活動してきました。その間平成4年にはライトウェルタ-級で県高校総体優勝,全国高校ボクシング選手権大会に出場しました。平成9年クラブに昇格。 翌平成10年第30回全九州高校ボクシング新人競技大会(佐賀県)は,モスキ-ト・フライ・ライトの各階級で優勝に輝き団体優勝を勝ち取りました。
 平成10年度,第52回全国高校ボクシング選手権大会(香川県)は,フライ級準優勝。
 平成11年度,第10回全国高校ボクシング選抜大会(広島県)は,フライ級優勝(最優秀選手賞・JOCジュニアオリンピックカップの2受賞)。その年の第53回全国高校ボクシング選手権大会(岩手県)は,フライ級準優勝・モスキ-ト級8位・ライト級16位の成績を残しました。 更に第54回国民体育大会(くまもと未来国体)では見事フライ級とライト級で優勝し2階級を制覇,熊本県の総合優勝に貢献しました。
 平成13年度は,第55回全九州高校ボクシング競技大会(熊本県)ウェルタ-級優勝。フェザ-級準優勝。第55回全国高校ボクシング選手権大会(熊本県)は,ウェルタ-級3位。
第13回全国高校ボクシング選抜大会(福井県)は,バンタム級優勝,ウエルタ-級準優勝に輝きました。
 平成15年全国高等学校総合体育大会ボクシング競技では、ウエルター級
優勝、続く国民体育大会ボクシング競技大会では、フェザー級優勝、ウエルター級優勝と2階級制覇を成し遂げました。
平成18年度の第61回国民体育大会ボクシング競技大会フェザー級で優勝、平成21年の第63回全国高等学校総合体育大会ボクシング競技でもウエルター級で優勝と輝かしい成績を残しています。
以上のようにボクシング部の歴史は、決して長くありませんが、日本一を目指して一生懸命練習に励んでいます。ボクシングを通して自分に負けない精神と立派な人間形成を目指しています。

熊日スポーツ賞受賞
大賞 重岡 優大選手
指導者賞 西垣 祥二郎監督

全国高校総合体育大会
「煌めく青春 南関東総体2014」
ピン級 優勝 重岡 優大 選手

戦 績
H29.6 熊本県高等学校総合体育大会 学校対抗 準優勝
 ピン級      重岡選手  優勝   豊永選手 準優勝
 ライト級     島村選手  準優勝  
 ウエルター級   上村選手  優勝
 ミドル級     船脇選手  準優勝
 
H28.11 熊本県高校新人ボクシング大会
 ピン級  重岡 銀次朗選手 優勝  
 ミドル級  舩脇 龍聖選手  優勝
 
H28.6 全九州高校体育大会 ボクシング
 ピン級 重岡 銀次朗選手 優勝  
 ウエルター級 柴田 尊文選手 優勝
 
H28.6 熊本県高等学校総合体育大会 学校対抗 準優勝
 ピン級 重岡選手 優勝    ピン級 豊永選手 準優勝
 フライ級 髙木選手 準優勝  ウエルター級 柴田選手 優勝
 ミドル級 船脇選手 準優勝
 
H25.8   第33回九州ブロック大会秋季大会  ウェルター級  松野 晋久 
第68回国民体育大会 スポーツ祭東京2013出場決定 
優勝
H25.8  全国高校総体 ウェルター級  松野 晋久   優勝
H25.6  第67回九州高校ボクシング競技大 ウェルター級  松野 晋久  優勝
H25.4  平成25年度熊本県下高等学校 ボクシング競技大会
 ウェルター級   松野 晋久
 ウェルター級   依田 大樹
 ライト級     増田 泰紳 

優勝
2位
2位
H24.11  平成24年度熊本県下高等学校 ボクシング競技大会
 ウェルター級    松野 晋久
 フライ級       宮崎 優輝  

優勝
3位
H24.8  平成24年度全国高等学校総合体育大会ボクシング競技大会
第66回全国高等学校ボクシング選手権大会
ウェルター級  ベスト8  松野晋久選手  
 
 
  高校総体2016




練習時間
平 日 16時から18時
土 曜 13時から15時
部長:深水 泰博 監督:西垣 祥二郎   
 
写 真
練習風景
普段の練習風景
ボクシング
ボクシング